RAWデータの取得方法|株式会社 ティー・イー・エム

TECHNICAL INFORMATION

技術情報

2019.06.27

小型カメラ

テーマ

RAWデータの取得方法

IDS社のuEyeカメラは、IDS社提供のデモプログラムuEye Cockpitを使用してRAWデータを取得することができます。本記事では、uEye CockpitでRAWデータを取得する方法をご紹介いたします。

・uEye Cockpitのツールバーから、「プロパティ」を選択します。
ツールバー

・カメラのパラメータ設定ができるダイアログボックスが開きます。「フォーマット」タブを選択すると以下のような表示になります。フォーマットタブでは、カラー形式や表示モードのパラメータ設定を行えます。赤枠内のいずれかの出力タイプを選択していただければ、RAWデータの取得ができます。「Sensor raw」の後の数字は、ピクセル当たりのビット数を意味しております。
フォーマットタブ

・撮影した画像は、uEye Cockpitの画面左上の「ファイル」 -> 「画像を保存(S)」から、保存することができます。画像ファイルフォーマットは、ビットマップ、PNG、JPEGから選択いただけます。

お問い合わせ